« 床交換 | トップページ | 団子作り(動画付き) »

2009年8月24日 (月)

夜中のヤスデ

0908240909082410バイトから帰って電気をつけると、レッドレッグBオスケースがうじゃうじゃしていました。やはり夜行性なのだなと思います。

« 床交換 | トップページ | 団子作り(動画付き) »

ヤスデ:日記(08期・2009.8〜)」カテゴリの記事

コメント

お~、なるほど。

こんな動きなんですねぇ。

良く分りました。

家のレッドレッグも、変な動きをしていたんです。

傍には丸っこい塊が。。。

おやおや、これはと思ったんですが、動画を見ると違うようです。

ようやく家の奴らも大人になったようです。

脚の長さが違いますね。

レッドレッグと呼ばれる由縁が良く分ります。

卵と糞の見分け方が難しそうです。

その辺を聞きたいと思ってました。

やはり丸っこさで判断するしかないでしょうか。

後は切ってみることでしょうね。

タマヤスデ、その内ブログに記事をアップしますね。

熱帯倶楽部の店長さんと電話で話しました。

色いろ教えてもらいました。

20匹中8匹が二年間生きたそうです。

WC個体とすれば、かなりの確立ですよね。

タマヤスデ飼育。

そろそろ現実味を帯びてきたでしょうか。。。

えーと、これはこの投稿ではなく

卵塊作りのほうへのコメントですね?

レッドレッグはタンザニア(ケニア)のように

交尾して離れるを繰り返すのではなく、

ずっとおんぶ状態(メスの上にオス)になるので

http://ike.txt-nifty.com/memo/2008/12/post-f6c8.html" target="_blank">http://ike.txt-nifty.com/memo/2008/12/post-f6c8.html

交尾を見逃すことはまずないと思います。

まだおんぶ状態になっていないようでしたら

まだ繁殖は先だと思いますよ。

うちのレッドレッグは

1日ペアになった後別居させていますが、

8ケ月後の今も卵を産み続けています。

ずっと同居させておくとかなり殖えると思いますので

繁殖は計画的に…。

あと、うちのレッドレッグは無防備に団子作りしてますが、

友人のところではメスは潜りっぱなしで産卵していました。

おそらく地表で産卵は珍しいと思います(危険ですし…)。

そして卵塊、タンザニアは見分けは簡単ですが、

レッドレッグはほぼ無理だと思います。

タマヤスデ飼育、がんばってくださいねー。

この記事へのコメントは終了しました。

« 床交換 | トップページ | 団子作り(動画付き) »

ヤスデの飼育

無料ブログはココログ