« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

身繕い

0808300108083002ヤスデ用のライトをつけてお化粧をしていたら、ケニアメスも起きて身繕いを始めました。

2008年8月29日 (金)

白いです

080829010808290208082903ケニアメスが久しぶりに立っています。
ヤエヤマはまた傷みかけキュウリにくっついています。今回も新しいのを隣に置いておきました。
ケニアベビーEにかなり白いベビーがいます。脱皮前でしょうか。脚の動きを見ていると弱ってはいなさそうですが、どういう状態なのか心配です。

2008年8月28日 (木)

ハイジ飴

08082801◇辻本さん

S&Mスナイパー08/10

S&Mスナイパー
2008年10月号(第30巻第10号)

2008年8月27日 (水)

食べてました

080827010808270208082703聞き慣れない、プッ、プツッ、という音がしています。またベビーが何か囓っているのではとケースをチェックすると、ケニアベビーCが昨日交換した新聞紙を破って上にあがっていました。突き破ったのではなく、囓って(食べて)穴を開けたと思います(黒い森さんによると、植物性の餌を食べる蟲や陸生巻貝等によくある事らしいです)。日本の新聞は紙もインクも天然素材ではなさそうなので、食べて大丈夫かどうか怪しいです。仕方ないので新聞もはずしました。今度は乾燥とコバエ進入が気になります。ケースをコバエシャッターに変えるのが一番良さそうです。
レッドレッグBは今日は5匹程度出てきています。しめじもじわじわ小さくなっています。石垣はまたかなり傷みかけたキュウリにくっついています。隣に新しいのを置いておきました。
このところのケニアベビーの食欲がすごく、しめじを晩に入れると、朝には全てなくなっています。フタを開けたとき、慌てて潜ろうとするケニアの鼻(?)先に餌を置くと、逃げるのを忘れて囓り付いてくるので面白いです。Cケースの中に他より赤いベビーを見付けました。
0808270408082705

スカイ・クロラ

スカイ・クロラ The Sky Crawlers
押井守 監督
121分 2008年(日本)

◇梅田ブルク7

2008年8月26日 (火)

プチプチ…

08082601_20808260208082603プチプチと音がするのでケースを確認すると、ケニアベビーCがコバエ防止シートを囓っていました。のぼるだけならいいのですが、食べていいとは思えないので、シートを外して新聞紙に交換しました。
今晩もレッドレッグBは賑やかです。段々見慣れてきました。しめじにもよくくっついているので、元気だと思います。

2008年8月24日 (日)

今晩もすごいです

080824010808240208082403昼間は静かになっていましたが、晩になるとまたレッドレッグBが大変な騒ぎになっていました。しめじも食べています。数えてみると13匹出てきていました。Aの方は時折メスが1匹歩いている程度です。何がどうなっているのか気になります。
ケニアベビーにまた色のくすんだのがいます。くすんでいないベビーと見比べるとよく分かります(写真下右)。脱皮が近いのでしょうか。
0808240508082406

2008年8月23日 (土)

ヤスデonヤスデonヤスデ

080823010808230208082303帰宅して電気をつけると、レッドレッグBがうじゃうじゃしていました(夜中まで続きました)。原因は分かりません。

2008年8月22日 (金)

∞、床交換、OFF

080822010808220208082203土を浅めにしたせいか、レッドレッグBの床がもう糞でいっぱいになっています。まだ土を変えて一ヶ月程度ですが、床の交換をすることにしました。ケースを傾けるとザラザラザラとなる程、ほとんどが糞に変わっていて、ケースをひっくり返さなくてもベビーを全て見付けることが出来ました。床を浅め(8センチ程度)に敷いて、1ケ月くらいで交換するようにした方が良さそうな気がします。新しい床も8センチ程度にしました。
カレーを食べていると、寝ていたケニアメスが起きました。匂いが強かったのでしょうか。無限記号のようになっています。
夜、レッドレッグAのベビー(メス)がじっとこっちを見ていました。
お盆を過ぎて、朝夕涼しくなってきました。今日から冷房を切っています。

何の話をしてたっけ。

久世番子 著

大西進堂 2008年
◇番子さん

棚に無ければありません。

久世番子 著

大西進堂 2007年
◇番子さん

床交換メモ(2008.6〜)

ケニア親
2008年07月18日 土追加

ケニアベビー
A 2008年06月09日 BCD 2008年06月06日
E 2008年07月18日

レッドレッグA
2008年06月08日
2008年08月14日

レッドレッグB
2008年06月08日
2008年07月26日
2008年08月22日

石垣
2008年06月09日

2008年8月20日 (水)

戻りました

080820010808200208082003帰省から戻ってケースをのぞくと、ヤスデ達はいつも通りで、ケニア親ケースには1匹ベビーが出てきていました。ヤスデが食べ残していたキュウリの表面は、全体が禿げたようになっています。トビムシの仕業だと思います。早速新しいキュウリとしめじを入れると、Aのベビーが出てきて食べています。

cloverbooksグッズ

0808200108082002◇平林さん

2008年8月16日 (土)

お盆

0808160108081602今日から少し帰省することにしたので、早起きしてヤスデに餌をあげました。ケニアメスもベビーも早速よく食べています(右がベビーです)。

2008年8月14日 (木)

まだいます

080814010808140208081403080814040808140508081406昼間、先日別にしておいたレッドレッグのカップをのぞくと、うち1匹がいつの間にか脱皮していました。ツヤツヤの体が見えています。
注文していた土が届いたので、レッドレッグAを新しい床に移しました。床の準備をしていると、聞き慣れない音がしています。ケースを確認してみたところ、レッドレッグAのうち1匹が、仮住まいの天井にくっついていました。レッドレッグものぼるとは驚きです。
仮住まいのプラケースをひっくり返すと、この数日で脱皮前の状態になっているベビーが3匹もいました。先日分けておいた3匹も、2匹は問題なしでしたが、うち1匹はまだ脱皮を終えておらず、さらに脱皮直前になっていました(写真下段左)。脱皮前の4匹は、各コーナーに軽く埋めておきましたが、タイミングが悪くなってしまい、やや心配です。
ケニア親ケースの小皿を持ち上げると、下にベビー2匹が巻いていました。大慌てで潜ってしまったのでつかまえられませんでしたが、朽ち木の下に小さな穴も増えていて、まだ2匹以上育っていると思います。一体何匹育っているのでしょうか。
夜中にまたEケースのベビーが天井にのぼって行くのが見えたので、人参の入れ替えがてらフタをあけると、もう1匹天井にくっついていました。とりあえず地上におろすと、早速人参にくっついています。
ケニアメスが変なポーズでじっとしています。じっとしていることも多くなりました。

2008年8月13日 (水)

slider

slider スライダー
TAKASHI WATANABE 渡邊崇

Onpa, a division of Mitte Musique Entertainment & Publishing GmbH 2008
◇室さん

2008年8月12日 (火)

ケニアメス

080812010808120208081203今日もゆっくり身繕いしています。じわじわと動きが緩慢になってきているように感じます。

2008年8月11日 (月)

里親検討中

0808110108081102里親検討中の丸尾さんが、もう一度ヤスデを見に来ました。暑中見舞いの里親募集に反応してくれたのは丸尾さんだけです。
せっかく見に来てくれたので、レッドレッグAの床交換準備を一緒にしました。ケースを新聞紙の上にあけ、レッドレッグを探し、体重をはかり、小さいプラケースに移します(新しい土の調達が間に合わなかったので、土が届く木曜まで小さいケースに入れておくことにしました。ここまで準備しておくと、土が届いたらすぐに移動できます)。14匹健在でしたが、細い個体もいて、成長に個体差が見られます。脱皮明けの殻付き状態だった1匹と、脱皮前に見える2匹はプリンカップに分けておきました。残りの11匹で体重はをはかったところ、31.6グラムで、少し増えていました。
0808110308081104肝心のケニアベビーは潜ったまま姿を見せず、レッドレッグとケニア親は丸尾さんの手に糞ばかりしていました。

体重メモ(5期)

ケニア
メス(太)
2008年05月28日 49g(+1g)
2008年07月30日 53.7g(+4.7g)

ケニアベビー
2008年06月10日 A 最大 5.1g

レッドレッグ A
2008年04月15日 13匹 16.0g(1匹平均 1.2g(-0.4g))
2008年06月08日 14匹 32.7g(1匹平均 2.3g(+1.1g))
2008年08月11日 11匹 31.6g(1匹平均 2.9g(+0.6g))

レッドレッグ B
2008年04月10日 15匹 17.0g(1匹平均 1.1g(-0.4g))
2008年06月08日 12匹 21.6g(1匹平均 1.8g(+0.7g))
2008年07月26日 13匹 40.5g(1匹平均 3.1g(+1.3g))

ヤエヤマ
2008年06月10日 4匹 5.1g(1匹平均 1.3g(+0.5g))

2008年8月10日 (日)

おりてました

昨日天井にくっついていたベビーはいなくなっていました。のぼったっきり降りられないようなら対策が必要だと思っていましたが、自由にのぼりおりできているようです。

2008年8月 9日 (土)

天井にいます

08080901夜中にベビーが立ち上がっているのを眺めていたら、コバエ防止シートにつかまり、そのまま天井にのぼってしまいました。昨日と同じベビーだと思います。明日もまだ天井にいるようなら、下に戻そうと思います。

フィッシングダイアリー缶バッチ

08080901◇中瀬くん

2008年8月 8日 (金)

まだ出てきてます

080808010808080208080803ケニア親ケースの小皿の下から、またベビーが1匹出てきました。丸まって1センチ程度です。
そのベビーの移動がてら、Eケースの食事を入れ替えようとコバエシートを持ち上げると、シートがずしっと重く、驚いて裏返すと1匹ベビーが丸まってくっついていました。シートにつかまってのぼっていたようです。地表からシートまでの高さは12センチ程度あり、まだベビーがあがれるサイズではないと思っていたので驚きました。
レッドレッグBはしめじを置いてあった側だけ糞でいっぱいになっています。今回は反対側にしめじを置きました。
080808040808080508080806晩に帰宅してケニア親ケースをのぞくと、小皿の中に、また別のベビーが出てきていました。Eケースに移動しようとつまむと、慌てて丸まりながら糞をしたので(慌てる(緊張する)と糞をするようです)、自分の頭の上に糞が乗り、そのまましばらく走り回っていました。
08080807夜中にケースを確認すると、Eのベビーたちが出てきてしめじを食べていました。元気そうです。

AKAI HANA

AKAI HANA
YASUJI WATANABE
Haruki Yukimura sessions

Le Lezard Noir 2008
◇渡邊さん

2008年8月 6日 (水)

缶バッチ

08080601◇忠さん

BAR ROSE CHU

CHU ENOKI Project Book Series vol.1
BAR ROSE CHU
榎 忠 著

Akio Nagasawa Publishing 2008年
◇忠さん

ギュウとチュウ

ギュウとチュウ 篠原有司男と榎忠
篠原有司男、榎忠 著

赤々舎 2007年
◇忠さん

2008年8月 5日 (火)

1匹移動

08080501ベビーケースBで丸まっていた1匹を、Eに移しました。Aの大きな1匹をEに移したいのですが、Aのベビーはなかなか地上に出ておらず、あまり食事も減っていません。もしかすると脱皮時期かもしれません。
ケニア親ケースの地表に、小さな穴を二つ見付けました。ベビーがまだ最低2匹育っていると思います。

2008年8月 3日 (日)

それなりに

0808030108080302今日も、レッドレッグがよく出てきています。実は結構育っているのに気付きました。

2008年8月 2日 (土)

マッシュルームも食べました

080802010808020208080203食事交換でベビーケースCのフタを開けると、地表に1匹出てきていました。ちょっと迷いましたが、Eケースに移しました。これでCケースには6匹です。
このサイズ以上になったケニア(タンザニア)ベビーには、共通した色のくすみのようなものを感じます。これで良いのかどうかやや心配です(右の写真の色が一番実物に近いです)。
一昨日入れておいたレッドレッグAのしめじが、全く減っているように見えません。Bは、マッシュルームもしめじも、ほとんどなくなっています。もったいないのでBにあげようとしめじを持ち上げると、下の土に2つほど穴があいていました。そっと出てきて少し囓っていたかもしれません。
08080204ケニアメスは今日もよく食べています。

2008年8月 1日 (金)

下から食べてます

080801010808010208080103今日も、マッシュルームは人気です。レッドレッグは下から出てきて食べることが多いので、マッシュルームは引っ張られてどんどん土に埋まり、夜にはほとんど見えなくなりました。夜中になると、レッドレッグが出てきて群がっています。1匹、頭が少しへこんでいるのに気付きました。テキサスを思い出します。
080801040808010508080106ケニアメスが立ち上がって、やたらと口元をフタに押しつけています。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

ヤスデの飼育

無料ブログはココログ