« 樹上からブナピー | トップページ | アルミニウム »

2007年5月 9日 (水)

夏日と発掘

そろそろヒビを触っても大丈夫そうです。抜け殻を取り出すために少し移動させると、じわじわ動きはじめました。何か囓ったりもしています。一昨日気になった首の部分は、やはりあまりきれいに脱皮できなかったようです。少し太くなったような気もします。
070509040705090507050906
指で土をよけていくと、抜け殻が見えてきました。脚がたくさん見えます。密集した脚はやはり迫力があります。殻のありそうな部分をスプーンですくいあげ、ピンセットとつまようじを使って土を落としました。
070509070705090807050909
左より、ヒビだった部分、胴の内側、脚の付け根の内側です。
07050911_207050912_207050913_207050914_107050915_107050916_1脚でつながっている部分以外はすぐにバラバラになってしまいました。お尻が一番きれいに残っています。さらに筆で土を落とし、紙箱に保管しました。

070509010705090207050903急に暑くなり、今日は最高気温が30度を超えました。ヒーターは一昨日から2枚とも切っています。ヒーターを切ってから、タンザニアは2匹とも木の上にいるようになりました。地上にいたのは上部が暑かったからかもしれません。
特に対策もしていないのに、いつの間にかコバエが激減しています。一定の量以上は増えないのでしょうか。

« 樹上からブナピー | トップページ | アルミニウム »

ヤスデ:日記(02期・2006.10〜)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

ヤスデの飼育

無料ブログはココログ