« カビ | トップページ | NY土産2 »

2006年10月17日 (火)

クリシギゾウムシ(幼虫)

0610170106101702◇後藤先生からの栗

« カビ | トップページ | NY土産2 »

写真:ムシ」カテゴリの記事

コメント

もう出ましたか。美味しそうですね!

これ、レオパードゲッコーの大好物なのです。

近所のシバグリは誰かが全部拾ってしまいましたし、まだシギゾウムシの居るクヌギのドングリは落ちていません。11月に入ったらドングリ拾いに出かける予定です。

たしかにプリプリでおいしそうでした…。

ネットを検索していたら、クリシギゾウムシせんべいの作り方なんてのが紹介されていましたよ(もちろんレオパではなく人間が食べます)。

職場の木の根元に栗と一緒に逃がしておきました。育つかな?

是非クリムシ羊羹を!

栗から出たクリムシは土に潜って繭を作り、2年とかかけてゾウムシになるようです。

ク、クリムシ羊羹……栗の味はするんでしょうか?

そう、1〜3年かけて象さんになるみたいですね。

幼虫が出てきたとき、育ててみたい衝動にかられて調べてみてびっくりでした。

それにしても幼虫はよく見るんですけど、成虫って見た覚えがないような…

それは幼虫時にたいがい茹でられてしまうからです…

納得…

この記事へのコメントは終了しました。

« カビ | トップページ | NY土産2 »

ヤスデの飼育

無料ブログはココログ